でんさいネット

  りゅうぎん<でんさい>サービス用サポートツール 「一括請求 Assist®」

「でんさいネット」のご利用は『りゅうぎん』へ

※平成25年2月18日より取扱開始!
※「でんさいネット」のご相談は、お近くの琉球銀行各支店へお気軽にお尋ねください。

1.「電子記録債権」とは

  • 平成20年12月に施行された「電子記録債権法」により創設されたITを活用した新しい支払手段です。
  • 手形や売掛債権の問題点を解決し、中小事業者の資金調達の円滑化を図ることが期待されています。
  • インターネット(PC)等を通じて、電子記録債権を記録・管理する電子債権記録機関の記録原簿へ電子記録することで、支払に利用することができます。

2.「でんさいネット/でんさい」とは?

  • 全国銀行協会が設立した電子債権記録機関が、株式会社全銀電子債権ネットワークです。信用金庫を含む全国の金融機関が参加します。
  • 同社の通称を「でんさいネット」といい、同社による電子記録債権を「でんさい」といいます。

3.こんなお悩みはありませんか!?
「でんさい」をご利用いただいた時のメリット

「でんさい」をご利用いただいた時のメリット

4.「でんさいネット」を利用した場合の取引のイメージ

1. でんさいの発生
金融機関を通じてでんさいネットの記録原簿に「発生記録」を行うことで、電子債権が発生します。
2. でんさいの譲渡
金融機関を通じてでんさいネットの記録原簿に「発生記録」を行うことで、電子債権が発生します。
3. でんさいの支払
支払期日になると、自動的に支払企業の口座から資金を引落し、納入企業の口座へ払込みが行われます。
でんさいネットが支払が完了した旨を「支払等記録」として記録しますので、面倒な手続は一切不要です。 また、手形とは異なり、納入企業は支払期日当日から資金を利用することが可能となります。

「でんさいネット」を利用した場合の取引のイメージ

5.サービスの内容

【ご利用形態】

  • ● 債務者利用・・・債権者および債務者として取引を行います。(「でんさい」の発生・譲渡等全ての取引が可能です)
  • ● 債権者利用・・・債権者としてのみ取引を行います(「でんさい」の発生は行えません)

【記録請求サービス】

項目 サービス内容
発生記録

手形制度における振出に相当します。利用者番号や口座情報等で相手先を特定し、当行を通じて発生記録の請求をします。この発生記録が行われると「でんさい」が発生します。発生日は1ヵ月先までの日付を指定した予約が可能です。

発生記録には請求方法の違いにより、2つの方式があります。

1.債務者(支払企業)請求方法:

  債務者(支払企業)側から債権者(納入企業)宛てに「でんさい」を発生させる方式です。

2.債権者(納入企業)請求方法:

  債権者(納入企業)側から債務者(支払企業)宛てに「でんさい」を請求する方式です。

譲渡記録
(分割譲渡記録)

手形制度における裏書譲渡に相当します。手形の裏書譲渡と同様に譲渡人は譲受人に対して保証債務を負います。また、「でんさい」は分割して一部譲渡することが可能です。
保証記録 発生済の「でんさい」について債権者(納入企業)から第三者へ保証を依頼することが可能です。5銀行営業日以内に保証人が承諾すれば保証記録が成立します。
変更記録

発生済の「でんさい」について支払期日や金額等の変更または、債権の削除を請求することが可能です。ただし、請求後、5銀行営業日以内(請求日を含む)に債権者および債務者の承諾を得る必要があり、得られない場合は自動的に変更記録請求が取り消されます。

【その他のサービス】

 

項目 サービス内容

債権情報照会
(通常開示)

「でんさい」の支払期日や金額、保証人等の記録内容を「りゅうぎん<でんさい>サービス」を通じて照会し、開示を受けることが可能です。
でんさい割引

発生済の「でんさい」について債権者(納入企業)が当行へ譲渡を行い期日前に資金化することが可能です。
なお、でんさい割引の利用には別途所定の審査があります。

口座間送金決済
(支払等記録)

支払期日になると、債務者口座から債権者口座へ自動的に送金され、資金決済が行われます。そして、でんさいネットにおいて自動的に支払等記録が行われます。

6.手形のように取引金融機関に譲渡して
「でんさいの割引」もできます

でんさいの割引 受け取った「でんさい」は納入企業と取引金融機関の間で合意のうえ、手形割引のように取引金融機関に譲渡(譲渡記録)して「でんさいの割引(現金化)」を受けることができます。

※「でんさいの割引」には、書面による申込・審査が必要となります。

7.ご利用にあたって

ご利用いただける方

法人・個人事業主の方で、事業をされているお客さま
※ご利用いただくには、いくつかの要件がございます。詳しくは窓口までおたずねください。

ご利用いただける預金の種類

普通預金・当座預金がご利用可能です。

8.ご利用時間

時間

りゅうぎんBizネット

時間

店頭をご利用の場合

平 日

土日・祝休日

平 日

土日・祝休日

7:00~9:00

当日取引・予約取引
とも可

7:00~9:00

9:00~15:00

9:00~16:00

原則翌日扱いとなります。

※(注1)

15:00~24:00

予約取引のみ可

16:00~24:00

9.ご利用手数料について

■基本手数料(毎月の固定手数料)

項目 手数料(消費税込)
基本手数料 無料

■取引手数料(お取引ごとに発生する手数料)

項目

手数料(消費税込)

当行宛

他行宛

各種記録

請求手数料

発生記録

162円

594円

譲渡記録

162円

594円

分割譲渡記録

162円

594円

保証記録

162円

変更記録(オンライン)

162円

支払等記録

162円

店頭を

ご利用の場合

店頭事務手数料

1,080円

※店頭事務手数料は、上記利用料とは別途かかります。

書面による

お手続き

残高証明書の発行(都度発行方式)

    〃    (定例発行方式)

4,320円

1,620円

特例開示

3,240円

訂正・回復

2,160円

その他変更記録書面

2,160円

10.でんさいネットサービスに関するQ&A

1. 「でんさいネット」を複数の銀行で利用することはできますか?
「でんさい」の利用に関しては、支払・受取ともに複数の銀行で利用することができますが、それぞれの銀行に利用申込を行う必要があります。
2. 複数の口座を決済(支払及び入金)口座として利用できますか?
支払・受取ともに複数の口座を決済(支払及び入金)口座として利用することができますが、口座ごとに利用申込が必要になります。
3. 支払や受取などの記録内容はどのように確認できますか?
記録内容は支払・受取ともに「でんさいネット」に接続して、パソコン画面で確認します。 ただし、支払については、当行経由で発生記録請求をした内容のみ確認可能です。 ※発生記録請求=手形の振出(支払)のこと。
4. 支払や受取に関して、決済予定の連絡はありますか?
支払については支払期日の2営業日前に決済予定情報が電子メールで通知されます。 受取についても電子メールで通知されます。
5. 「りゅうぎん<でんさい>サービス」は手数料がかかりますか?
別途費用がかかります。
6. 「りゅうぎん<でんさい>サービス」を新規で申込む場合の必要書類は何ですか?
商業登記簿謄本、印鑑証明書、実印、通帳届出印が必要となります。

11.ご利用までの流れ

ご利用までの流れ

12.ご利用申込に必要なもの

お申し込みいただけるのは法人または事業を営む個人の方のみです。

必要なもの 法人 個人
決済口座のご印鑑  ○
お通帳(普通預金口座の場合)
写真付本人確認資料      ○(注)
商業登記簿謄本 (債務者利用または融資利用の場合) -
印鑑証明書 (債務者利用または融資利用の場合)

(注)窓口に来られる方の資料もご用意ください。

融資をご希望の場合には、下記の書類も別途必要となります。

必要なもの 法人 個人
決算書または確定申告書の写し (直近2期分)  ○
その他審査に必要な書類
  • ご注意事項
  • ※サービスのご利用開始は、お申し込みから2週間程度かかることがあります。
  • ※ご利用は業務規程、業務規程細則及びでんさいサービス利用規定が前提となりますので、ご確認をお願い申し上げます。
  • ※お申し込みには所定の審査があります。ご希望に添えない場合もありますので予めご了承いただきますようお願い申し上げます。