地域密着型金融

地域密着型金融について

琉球銀行は、2003年4月以降、2次のアクションプログラムを通して、4年にわたり地域密着型金融に取り組んできました。

2007年度以降については、金融庁の金融審議会金融分科会第二部会において、「地域密着型金融は、中小・地域金融機関が引き続き取組みを進めていくべきもの」との結論が示されたことを踏まえて、金融庁の「中小・地域金融機関向けの総合的な監督指針」のなかで、地域密着型金融の推進が「恒久的な枠組み」として盛り込まれました。

琉球銀行は、経営理念である「地域から親しまれ、信頼され、地域社会の発展に寄与する銀行」を踏まえつつ、経営計画等を通して地域密着型金融に引き続き積極的に取り組んでいきます。

2011年度の取り組み実績について

創業者支援融資への取り組み

  • 県制度融資「創業者支援資金」や小口事業者向け商品「速実行10」、沖縄県信用保証協会との提携商品「速マル」の3商品を中心に取り組みました。
  • 平日の銀行営業時間帯に来店が困難な経営者の方にも対応するため、休日ローン相談会を継続して開催しました。
  • これらの取り組みを通して、上記3商品の2011年度実績は、合計で399件の666百万円となりました。

取引先の経営改善支援

  • 債務者区分が要注意先・破綻懸念先を中心に、財務アドバイスをはじめ、経営改善計画の策定支援、改善策の実施支援に取り組みました。
  • この結果、2011年度は、経営改善支援対象先数362先に対し、ランクアップ先数は23先の実績となりました。

経営相談

事業承継やM&A、医療・介護、海外へのビジネス展開、販路拡大などの経営相談を319件受付け、お取引先の経営課題解決に取り組みました。
外部専門家と連携のうえ、各地域で「経営相談会」を計19回開催し、145社の経営相談に応じたほか、「専門家派遣サービス」において、専門家の派遣を22回実施しました。

動産・債権担保融資などの取り組み

不動産担保・個人保証に過度に依存しない融資の一環として、動産・債権担保融資を中心に取り組みました。
2011年度の動産・債権担保融資では、不動産の追加担保を取ることなく、加工食品の材料、建材、設備機械などを担保とすることで融資を実行しました。
このような当行の動産・債権担保融資の取り組みは、「地域密着型金融」における「中長期的な視点に立って組織全体として継続的に推進している取り組み」として、内閣府沖縄総合事務局より顕彰されました。これは、地域金融機関が取り組む「地域密着型金融」の事例の中から、特に先進的な取り組みや、広く実践されることが望ましい取り組みを金融当局が選出し、年1回顕彰するものです。

若年者向け金銭教育

  • 2011年度も、夏休み期間中に金銭教育を目的とした「りゅうぎんキッズスクール」の開催を予定していましたが、台風の影響により中止となりました。

【主要計数実績(2011年度)】

「りゅうぎんキッズスクール」の実績。2011年度は、台風の影響により開催中止となりました。

取り組みテーマ 計数実績 留意事項
単位 年間累計
創業・新事業支援融資実績  件数 399 「創業者支援資金」(県の制度融資)、「速実行10」、「速マル」の合計
金額(百万円) 666
コンサルティング受付件数 件数 319
コンサルティング受託件数 件数 6 有料契約件数
中小企業再生協議会の活用 件数 4 持込案件数
その他再生ファンドの活用 件数 0 再生ファンドへの持込件数
動産・債権担保融資の実績 件数 8
金額(百万円) 783
   うち動産担保融資の実績 件数 8
金額(百万円) 783
   うち売掛債権担保融資の実績 件数 0
金額(百万円) 0
若年層への金融知識の普及 開催回数

「りゅうぎんキッズスクール」の実績。
2011年度は、台風の影響により開催中止となりました。

ビジネスマッチングの成約件数 来場のべ人数
商談会の開催件数 件数 44
ビジネスクラブ主催のセミナー実績 件数 3
商談会の開催件数 開催回数 11
ビジネスクラブ主催のセミナー実績 来場のべ人数 989

【経営改善支援等の取り組み実績(2011年度)】 pdficon2

トピックス

「地域密着型金融(リレーションシップバンキング)」の優れた取組事例として顕彰されました

顕彰状
沖縄総合事務局長より顕彰状を受け取る
大城前頭取(写真左)

p_chiiki2

琉球銀行では、「不動産担保・個人保証に過度に依存しない融資手法」、「中小企業の資金調達の多様化」の一環として、「動産・債権担保融資(ABL)」の推進に取り組んでいます。

平成24年3月、その取り組みが、「地域密着型金融」の「中長期的な視点に立って組織全体として継続的に推進している取り組み」として、内閣府沖縄総合事務局から顕彰されました。

これは、地域金融機関が取り組む「地域密着型金融」の事例の中から、特に先進的な取り組みや、広く実践されることが望ましい取り組みを金融当局が選出し、年1回顕彰するものです。「動産・債権担保融資(ABL)」は、企業の事業価値に着目した融資で、不動産を十分に持たない中小企業の資金調達の多様化に資するものとして注目を集めています。

琉球銀行では、今後とも「動産・債権担保融資(ABL)」などの新たな手法を積極的に活用し、県内中小企業の資金調達ニーズに多様な手法でお応えすることで、地域経済の発展に貢献してまいります。

地域貢献に関する情報開示 りゅうぎん まかせて新聞

地域貢献に関する情報

平成24年12月号「りゅうぎんまかせて新聞」

平成24年06月号「りゅうぎんまかせて新聞」

平成23年12月号「りゅうぎんまかせて新聞」

平成23年06月号「りゅうぎんまかせて新聞」

平成22年12月号「りゅうぎんまかせて新聞」

平成22年06月号「りゅうぎんまかせて新聞」

平成21年12月号「りゅうぎんまかせて新聞」

平成21年06月号「りゅうぎんまかせて新聞」

平成20年12月号「りゅうぎんまかせて新聞」

平成20年06月号「りゅうぎんまかせて新聞」

平成19年12月号「りゅうぎんまかせて新聞」

平成19年06月号「りゅうぎんまかせて新聞」

平成18年12月号「りゅうぎんまかせて新聞」

平成18年06月号「りゅうぎんまかせて新聞」

平成17年12月号「りゅうぎんまかせて新聞」

平成17年06月号「りゅうぎんまかせて新聞」

平成16年12月号「りゅうぎんまかせて新聞」

平成16年06月号「りゅうぎんまかせて新聞」

平成15年12月号「りゅうぎんまかせて新聞」

過去の地域密着型金融推進計画および進捗状況(平成17~20年度) [PDFファイル]

  • 平成20年6月 (290KB)
  • 平成19年11月 (112KB)
  • 平成19年05月 (117KB)
  • 平成18年11月 (102KB)
  • 平成18年05月 (89KB)
  • 平成17年12月 (65KB)
  • 平成17年08月 (70KB)
  • 平成17年08月 (48KB)

過去のリレーションシップバンキングの機能強化計画および進捗状況 (平成15~16年度) [PDFファイル]

  • (39KB)