定額型年金保険

将来受け取る年金額または年金原資が、契約時にあらかじめ明確になっている保険です。保険料の運用は「一般勘定」で行われ、リスクは保険会社が負っています。確実性はありますが、将来のインフレに対応できないというリスクもあります。

ここでは、保険料を一時払いする場合についてご説明します。なお、年金受取開始日前に被保険者が死亡した場合には、払い込まれた保険料相当額の死亡給付金が支払われます。

終身年金保険

年金を一生涯受け取る保険

生きている限り、年金を一生涯受け取れる保険です。死亡するとその時点で年金は終了しますが、保証期間内であれば、残りの保証期間の年金原価は遺族に支払われます。

10年保障期間付終身年金の例
一時払い
保険料
積立配当金 一生涯
死亡給付金 増加年金
増額年金
基本年金100万円
◆ 契約 ◆ 年金受取開始
< 据置期間 > < 保障期間10年 >

確定年金保険

年金を一定期間受け取る保険

確定年金は、5年、10年といった所定の年金受取期間だけ年金が受け取れるタイプの保険です。年金受け取期間中に死亡した場合は、残りの期間の年金は遺族に支払われます。

10年確定年金保険の例
一時払い
保険料
積立配当金 年金終了
死亡給付金 増加年金
増額年金
基本年金100万円
◆ 契約 ◆ 年金受取開始
< 据置期間 > < 年金受取期間10年 >

有期年金保険

年金を生存中に一定期間受け取る保険

有期年金も所定の年金受取期間だけ年金が受け取れるタイプの保険ですが、確定年金との違いは、年金受取期間中に生存していることが年金を受け取れる条件となる点です。

つまり、年金受取期間内に生きていれば年金が受け取れますが、死亡した時点で年金は打ち切られます。このため、同じ条件であれば、保険料は確定年金より安くなります。

5年保障期間付 10年有期年金保険の例
一時払い
保険料
積立配当金 年金終了
死亡給付金 増加年金
増額年金
基本年金100万円
◆ 契約 ◆ 年金受取開始
< 保険料払込期間 > < 年金受取期間10年 >
保障期間5年 この間に死亡した場合
年金支払いは終了する
生命保険(個人年金保険を含む)に関する留意点
  • ご検討にあたっては、「商品パンフレット」「契約締結前交付書面(契約概要・注意喚起情報)」「ご契約のしおり」「約款」等を必ずお読みください。「商品パンフレット」「契約締結前交付書面(契約概要・注意喚起情報)」「ご契約のしおり」「約款」等は琉球銀行本店等にご用意しています。
  • 琉球銀行は保険の募集代理店です。保険の引受は行っておりません。
  • 保険は預金ではなく、元本保証はありません。また、預金保険の対象ではありません。
  • 引受保険会社が破綻した場合には、生命保険契約者保護機構の保護措置の対象になりますが、ご契約の際にお約束した保険金額、年金額・給付金額等が削減されることがあります。
  • 商品によっては、国内外の株式や債券等へ投資しているため、投資対象の価格の変動、外国為替相場の変動等により、投資した資産の価値が投資元本を割り込むことがあります。死亡給付金額や年金原資額が払込保険料を下回るリスクは、ご契約者が負うことになります。
  • 生命保険(個人年金保険含む)は、ご契約時の契約初期費用のほか、ご契約後も毎年、保険関係費用・運用関係費用・年金管理費用等がかかる場合があります。また、解約された場合、解約控除や市場価格調整費用などがかかる場合があります。ただし、費用等は商品ごとに費用の種類や料率等が異なるため、記載することができません。
  • ご契約中の保険を解約した場合の払戻金は払込保険料を下回る場合があります。
  • 保険にご契約いただくか否かが、琉球銀行におけるお客さまの他のお取引に影響を及ぼすことは一切ありません。
  • 保険のお申し込みに際しては必ず、保険販売資格をもつ募集人にご相談ください。