利益相反管理方針

当行は、業務の遂行にあたり、利益相反のおそれがある取引を適切に管理し、お客様の利益が不当に害されることのないよう、下記のとおり「利益相反管理方針」を定めます。

1.利益相反取引の類型

本方針の対象となる利益相反取引(以下「対象取引」といいます)とは、当行および末尾記載のグループ会社(以下、「当行等」といいます)が関与する取引のうち、以下に該当する取引をいいます。

  1. お客様と当行等の利害が対立または当行等のお客様間での利害が対立し、お客様の利益が不当に害されるおそれのある取引。
  2. お客様と当行等が競合または当行等のお客様間で競合し、お客様の利益が不当に害されるおそれのある取引。
  3. 当行等がお客様より取得した情報を不適切に利用し、お客様の利益が不当に害されるおそれのある取引。

2.利益相反管理の方法

  1. 当行は、営業部門から独立した利益相反管理部署を設置し、利益相反管理に必要な情報を一元的に集約・管理します。
  2. 当行は、対象取引を特定した場合、次に掲げる方法その他の方法を選択し、または組み合わせることにより、適切に利益相反を管理いたします。
    1. 対象取引を行う部門と当該お客様との取引を行う部門を分離する方法
    2. 対象取引または当該お客様との取引の条件または取引の方法を変更する方法
    3. 対象取引または当該お客様との取引を中止する方法
    4. 対象取引に伴い、当該お客様の利益が不当に害されるおそれがあることについて、適切に開示および同意を取得する方法
    5. お客様の資産形成に資する商品選定を行う方法

<本方針の対象となるグループ会社>

株式会社りゅうぎんディーシー
株式会社琉球リース
株式会社OCS