琉球銀行ソーシャルメディアポリシー

琉球銀行ソーシャルメディアポリシー

琉球銀行は、ソーシャルメディアの利用に関し、以下の「ソーシャルメディアポリシー」を定め、これを遵守します。

    1. ソーシャルメディアポリシー導入の目的
      琉球銀行は、ソーシャルメディアでのコミュニケーションを通して、お客さまをはじめとするさまざまなステークホルダーと関係を強化し、経営理念である「地域から親しまれ、信頼され、地域社会の発展に寄与する銀行」を目指してまいります。そのための指針として、この「ソーシャルメディアポリシー」を策定しました。

    2. ソーシャルメディアの定義
      ソーシャルメディアとは、FacebookやTwitterなど、インターネットやウェブの技術を用いて、不特定多数のユーザーによるコミュニケーションを可能とするメディアをいいます。

    3. ソーシャルメディア利用の基本方針
      琉球銀行は、責任ある企業として、特に責任ある金融機関としての自覚を常に持ち、自己の責任の下でソーシャルメディアの利用を行います。
      ソーシャルメディアの利用に際しては、ソーシャルメディアが持つ、①多種多様なバックグラウンドを持つ不特定多数の皆さまがインターネットを通じて手軽に利用することができること、②一旦発信された情報は瞬時に、そして爆発的に全世界に拡散するおそれがあり、思いもよらぬ社会的影響を与える場合があること、という特性を十分に認識した上で、関係法令やガイドラインおよび「行動規範」をはじめとする社内規程等を遵守します。また、個人情報や知的財産権その他の権利、利益の重要性を十分理解し、ソーシャルメディアの利用において、これらを侵害することないよう十分留意いたします。
      琉球銀行は、ソーシャルメディアを通じて頂いたお客さまを始めとする利用者の声には謙虚に耳を傾け、上記経営理念の実現に役立てるよう努めます。
      琉球銀行は、ソーシャルメディアの運営担当者に対し、必要な教育・研修等を適宜実施いたします。

    4. お客さまおよび利用者のみなさまへ
      琉球銀行は、活用するソーシャルメディアにより、個別に利用規約等を作成し、基本事項や禁止事項等について定めておりますので、合わせてご参照下さい。各アカウントの利用を希望する皆さまは、関係する利用規約をよく読み、これに同意の上、利用を開始して下さい。
      なお、琉球銀行の公式アカウントは、以下のとおりです。当行は、公式アカウント以外のアカウントについては、運営等に関与しておらず、一切責任を負うものではありません。

  琉球銀行公式Facebook

琉球銀行がソーシャルメディアにおいて発信する情報は、必ずしも当行の公式発表・見解を表すものとは限りません。琉球銀行の公式発表・見解は、琉球銀行のホームページおよびニュースリリースなどで発信していますので、そちらをご確認下さい。

以上

制定 平成26年3月28日