News&Topics

県内地銀初「りゅうぎん6次産業化ファンド投資事業有限責任組合」設立について

2014/06/20

株式会社 琉球銀行

総合企画部長 髙良幸明

 

 琉球銀行(頭取 金城 棟啓)は、県内の食品産業・農林漁業を支援するために、本日6月20日に総額5億円の官民ファンド「りゅうぎん6次産業化ファンド投資事業有限責任組合」を、農林漁業成長産業化支援機構(通称A-FIVE)及び山田ビジネスコンサルティングと共同で設立いたしましたので、お知らせいたします。

 本ファンドは「株式会社農林漁業成長産業化支援機構法」に基づき、当行と農林漁業成長産業化支援機構、山田ビジネスコンサルティングが共同出資して組成する国と地域金融機関との官民ファンドであり、県内では当行が初めての設立となります。
 また、琉球銀行では、本ファンドの活用方法や農業6次産業化のヒント、異業種連携の場として7月11日より7月18日まで離島を含む県内5箇所で第2回「農業ビジネス活性化セミナー」を開催いたしますので、併せてお知らせいたします。(応募方法や開催時期等につきましては、下記のパンフレットをご確認下さい。)

 琉球銀行は、今回設立した本ファンドを積極的に活用し、沖縄県の農林漁業、商業、工業が有機的に結合した「6次産業化」への積極的な支援を行い、県経済の成長エンジンとなる産業の創出へ注力してまいります。

 記

1.「りゅうぎん6次産業化ファンド」の概要

名称 りゅうぎん6次産業化ファンド投資事業有限責任組合
ファンド総額 5億円
出資者 株式会社 琉球銀行 2億4千5百万円
株式会社 農林漁業成長産業化支援機構 2億5千万円
山田ビジネスコンサルティング 株式会社 5百万円
運営会社 山田ビジネスコンサルティング 株式会社
存続期間 15年間

 

2.ファンドのスキーム

ファンドのスキーム

  パンフレット(PDF)

以 上

(お問い合わせ)コンサルティング営業部:担当 臼井 電話 098-860-3454