News&Topics

県内3金融機関合同 第3回沖縄の「みりょく(味×観)発信」商談会~食品業務筋バイヤーと旅行企画会社(訪日外国人向け)を招いて~の開催について

2015/02/18

株 式 会 社 琉 球 銀 行
総合企画部長 松原 知之

 琉球銀行(頭取 金城 棟啓)は、県内の農水産・食品事業者及び観光関連事業者を支援するために、株式会社沖縄海邦銀行(頭取 上地 英由)ならびにコザ信用金庫(理事長 上間 義正)と共同で「第3回沖縄の「みりょく(味×観)発信」商談会~食品業務筋バイヤーと旅行企画会社(訪日外国人向け)を招いて~」を開催いたします。
 これまで2年連続して開催した「沖縄の味力(みりょく)発信商談会」では多くのお客さまよりご支持ならびに継続開催の声をいただいたため、今年も第3回商談会を開催することといたしました。今回は、過去2回の農水産・食品事業者に特化した商談会に加え、沖縄県において外国人観光客が急増している背景もあることから観光分野(旅行代理店、ホテル、レンタカー、ダイビング、体験施設等)における商談会も同時開催いたします。
 農水産・食品事業者向け商談会では、昨年ご好評いただいた「事前商品評価会」(事前にバイヤーを招いて出展予定商品を評価していただく)の開催や、商談食材を活用したバイヤー提案用レシピ本(商談食材を使った調理法)の作成に加え、夏季に沖縄フェアの開催を予定している飲食店を商談バイヤーとして招聘し、あらかじめ沖縄の食材を使用したイベントを企画させていただく予定です。招聘するバイヤーについては業務筋に限定し、東京・大阪・香港・シンガポールなど県外・海外の一流レストラン・ホテルに加え、前回出展者から要望のあった県内の一流ホテルも招聘いたします。バイヤーを業務筋に限定することにより、県内の農水産・食品事業者にとっては小規模・小ロットの商品でも商談を行うことが可能となります。
 観光関連事業者向けの商談会では、沖縄への入域観光客数の増加が今後大きく期待されているロシア、韓国、シンガポールよりJTBの現地法人を招聘する予定です。観光関連事業者にとっては県内にいながら現地の訪日企画担当者との商談を行うことが出来る、新しい取り組みとなっています。
 ぜひこの機会に、奮ってご応募くださいますようお願いいたします。

1.応募対象者
農水産・食品事業者 沖縄県内で農水産物及び食品を生産・製造・販売する事業者
50社程度
観光関連事業者 沖縄県内において観光分野全般に係る事業者
20社程度
※募集事業者数に達次第、締め切りとさせていただきます
2.応募期間 2月18日(水)~ 4月10日(金)
3.事前募集説明会
   那覇地区 3月3日(火)14時~17時 てだこホール
   中北部地区 3月4日(水)14時~17時 沖縄市農民研修センター
4.商談会開催日 6月3日(水)(前夜祭)、6月4日(木)(商談会)
5.商談会会場 沖縄かりゆしアーバンリゾート・ナハ
6.応募方法 募集要項に記載のFAX番号またはE-mailアドレスあて申し込む
※募集要項は各金融機関のHPに掲載しております
7.お問い合わせ 3金融機関合同商談会実行委員会事務局
琉球銀行:コンサルティング営業部 860-3454(渡久地・楊・比嘉・臼井)
沖縄海邦銀行:企業支援部   867-6665(山川)
コザ信用金庫:お客様支援室   933-1137(森・奥間)

 事前募集説明会開催のご案内(PDF)

 出展募集要項(観光分野)(PDF)

 出展募集要項(食品分野)(PDF)

以 上