News&Topics

第20回 公益信託「宇流麻福祉基金」助成金授与式を開催

2015/04/30

株式会社 琉球銀行
総合企画部長 松原 知之

 

 琉球銀行(頭取 金城 棟啓)は、県内での福祉活動を支援する目的で設立された公益信託「宇流麻福祉基金」(以下、当基金という。)の助成金授与式を下記の通り開催しました。
 この基金は、故 源河朝明氏が故郷沖縄の福祉活動に役立てるため私財を提供し設立したもので、当行は事務局としてその運営に携わっています。
 第20回となる今回は、7団体に対し、総額2,529,000円の助成金授与を決定し、授与式には、助成が決定した7団体の代表者の方々および当基金より運営委員長の高嶺 豊様、当行頭取の金城 棟啓が参加し開催しました。
 なお、平成7年に設立された当基金は、20年間で累計143先に対し合計5,520万円を県内の福祉活動に貢献できるよう助成をしてきましたが、今回をもちまして基金の活動を終了いたします。当基金の運営にご協力くださった皆様に感謝を申し上げます。

 

写真

  1. 日時:平成27年4月24日(金) 午後3時
  2. 場所:琉球銀行 本店4階 大会議室
  3. 助成先:
    1. 一般社団法人 沖縄県腎臓病協議会
      (那覇市)
    2. 社会福祉法人 伊平屋村社会福祉協議会
      (伊平屋村)
    3. 特定非営利活動法人 あごらぴあ
      (那覇市)
    4. 特定非営利活動法人 すこやかネット
      (宮古島市)
    5. 在宅障がい児地域療育活動支援「あひるの会」
      (那覇市)
    6. 一般社団法人 沖縄県社会福祉士会
      (那覇市)
    7. 社会福祉法人 トゥムヌイ福祉会
      (糸満市)

「宇流麻福祉基金」・・・沖縄県出身の故 源河朝明氏より委託を受けた公益信託として、平成7年12月に設立されました (委託者: 故 源河朝明氏、事務局: 琉球銀行)。
沖縄県内において社会福祉に関わる活動をしている法人および団体に対して助成を実施し、地域社会の福祉の増進に寄与することを目的としています。

以 上

(お問い合わせ)総合企画部 地域貢献室 宮城 電話:098-860-3787