News&Topics

預かり資産保存帳票電子化システム「Azukariアーカイブ」の稼働について

2015/05/14

株式会社 琉球銀行
総合企画部長 松原 知之

 

 株式会社琉球銀行(頭取 金城棟啓)では、平成27年5月18日(月)より全営業店にて「Azukari(あずかり)アーカイブ」の稼働を開始致します。

 富士ゼロックスシステムサービス㈱と共同開発したこのシステムは、お客さまとのお取引にて発生した預かり資産に係る各種帳票について、従来紙媒体で保管していたものを「電子媒体」として保存管理するシステムです。

 本システムの特徴として、各種帳票の電子保存が可能となることに加え、電子化したデータを営業店・本部間で即時共有することにより、従来別々の事務であった「お客さまフォルダの作成」「投信取引の発注業務」および「投信・保険取引内容のモニタリング」を同時に行うことが可能となります。また紙媒体での保管がなくなることから、お申込書類等の個人情報紛失のリスクも回避できます。

 システム導入により営業店の事務処理時間を削減し、お客さまとの時間を充実させることで、一層きめ細やかな提案を行うことをめざします。

 なお、預かり資産業務の窓口販売におけるスキャニングからアーカイブまでの一貫した業務フローのシステム構築は地銀初の取組みです。

 琉球銀行は、これからも魅力ある商品の提供とサービス向上に努めてまいります。

イメージ図

以 上

【お問い合わせ】営業統括部 担当:志良堂  電話:098-860-3752