News&Topics

「沖縄活性化投資事業有限責任組合」の設立について

2015/06/01

株 式 会 社 琉 球 銀 行
総合企画部長 松原 知之

 

 琉球銀行(頭取 金城 棟啓)は、株式会社地域経済活性化支援機構と当行含めた沖縄県内4金融機関(詳細は下記ご参照)との間で沖縄県経済の活性化を目的とする「沖縄活性化投資事業有限責任組合(以下、沖縄活性化ファンドという。)」をREVICキャピタル株式会社および株式会社沖縄活性化ソリューションズを無限責任組合員として設立しましたのでお知らせいたします。

 沖縄活性化ファンドは、沖縄県に本店もしくは主要拠点を有する事業者に対し投融資および経営支援等人的支援を行うことにより、観光産業をはじめとする沖縄経済の活性化および基盤強化を目的としております。

沖縄活性化ファンドの概要

名称 沖縄活性化投資事業有限責任組合(沖縄活性化ファンド)
ファンド総額 20億円
組合員構成 株式会社琉球銀行
株式会社沖縄銀行
株式会社沖縄海邦銀行
コザ信用金庫
株式会社地域経済活性化支援機構
株式会社沖縄活性化ソリューションズ(*)
REVICキャピタル株式会社
設立日 平成27年6月1日
存続期間 設立日より7年間
業務運営者 株式会社沖縄活性化ソリューションズ
REVICキャピタル株式会社

(*)株式会社沖縄活性化ソリューションズは、株式会社リサ・パートナーズのファンド運営子会社です。

以 上

(問い合わせ先)企業支援部 担当 佐久本 TEL098-860-3444