News&Topics

スマートフォン(iPhone)の導入について

2016/04/13

株 式 会 社 琉 球 銀 行
総合企画部長 川上 康

 

 琉球銀行(頭取 金城 棟啓)では、業務のさらなるスピードアップを図るため、スマートフォン(iPhone)965台を本部および営業店に導入します。今回、ほぼすべての本部行員および営業店の営業・融資担当者にスマートフォンを貸与いたしますが、このような取り組みは県内地銀では初となります。

 当行では、平成23年9月より営業担当行員を中心に約600台のiPadを導入しておりますが、今回のiPhoneの導入により、お客様と当行行員との間でダイレクトにコミュニケーションを行うことが可能となり、対応がさらにスピードアップします。また、導入するiPhoneは、沖縄セルラー電話株式会社(代表取締役社長 北川 洋)との連携により最新・最適なアプリを導入しており、セキュリティについても万全を期しております。

 琉球銀行はこれからも、お客様にご満足いただける商品・サービスの提供に努めてまいります。

1.目的
 (1)お客様と当行行員および当行行員間でのスマートフォンを活用したダイレクトなコミュニケーションによる業務のスピードアップ
 (2)行内・外部メール、スケジュール等の連携およびチャットやWEB会議など、将来のIT戦略のための通信インフラの構築

2.導入台数・導入時期
 (1)総 台 数:965台 
 (2)導入時期:平成28年4月12日以降順次導入拡大

3.セキュリティ対応
 ソーシャルネットワークやインターネット閲覧サイトの利用制限等により、情報の管理には万全を期しております。

【iPhone導入後のコミュニケーションの将来像】
 社内のコミュニケーションデバイスを統合して利用して、コミュニケーションに活用していく

iPhone導入後のコミュニケーションの将来像

以 上

(お問い合わせ)総合企画部 総務課 新井・喜納 電話:098-860-3132