News&Topics

日本格付研究所(JCR)の格付取得について

2016/05/20

株 式 会 社 琉 球 銀 行
総合企画部長 川上 康

 

 琉球銀行(頭取 金城 棟啓)は、長期発行体格付で、21ランク中上位から6段階目となる「A」(債務履行の確実性は高い)の評価を得たことをお知らせします。
 なお、前年も格付「A」を取得しており、格付は据え置きとなっております。

 記

1.格   付 「A」(シングルAフラット)  見通し「安定的」
2.格付機関 株式会社 日本格付研究所(JCR)
3.格付目的 経営の情報開示の一環として、株主、投資家をはじめ取引先の皆さまに客観的評価を提供する。
4.格付定義 等級は「AAA」(トリプルA)からDまでの11段階となっており、「AA」から「B」までの格付け記号には、同一等級内での相対的位置を示すものとして、プラス(+)もしくはマイナス(-)の符号による区分があります。その符号も含めてランク付けした場合には、21ランクとなります。

5.格付符号

長期格付記号 定     義
AAA 債務履行の確実性が最も高い。
AA 債務履行の確実性は非常に高い。
債務履行の確実性は高い。
BBB 債務履行の確実性は認められるが、上位等級に比べて、将来債務履行の確実性が低下する可能性がある。
BB 債務履行に当面問題はないが、将来まで確実であるとは言えない。
債務履行の確実性に乏しく、懸念される要素がある。
CCC 現在においても不安な要素があり、債務不履行に陥る危険性がある。
CC 債務不履行に陥る危険性が高い。
債務不履行に陥る危険性が極めて高い。
LD 一部の債務について約定どおりの債務履行を行っていないが、その他の債務については約定どおりの債務履行を行っているとJCRが判断している。
実質的にすべての金融債務が債務不履行に陥っているとJCRが判断している。

以 上

(お問い合わせ)総合企画部 担当:髙江洲 電話:098-860-3787