News&Topics

インターネット電話&タブレット端末を活用した営業店支援の実施について

2016/08/12

株 式 会 社 琉 球 銀 行

 

 琉球銀行(頭取 金城 棟啓)では、業務の更なるスピードアップと品質向上を図るため、営業店配付タブレット端末全台にSkype for Business(Microsoft社のインターネット電話)を導入しました。行内外問わず本部と全営業店を繋ぎ、顔を見ながら担当者ならびにお客様とコミュニケーションできるスキームの構築は、全国の銀行では初の試みとなります。

 当行では、平成23年9月にタブレット端末600台導入、平成28年4月にはスマートフォン965台導入しており、お客様、営業店行員、本部スタッフ間でダイレクトにコミュニケーションが取れる環境が整っております。それに加え、このたび株式会社ジェーエムエーシステムズ(代表取締役社長 坂倉 猛)支援のもとSkype for Businessを導入したことで、単にコミュニケーションを行うだけでなく、安全な環境において、預り資産販売業務に係る適合性確認、本部専門スタッフによるリモート営業支援、商品改定・業法改正等に迅速に対応する研修体制等、今後幅広い分野での活用を予定しております。
 琉球銀行は、これからもお客様にご満足いただける商品・サービスの提供に努めてまいります。

 

【Skype for Business】とは
 Microsoft社が提供するインターネット通話サービスです。主に法人が利用するサービスで、セキュリティ、従業員管理、利用可能人数の点で一般Skype(無料版)とは異なります。

Skype for Business

以 上

(お問い合わせ)営業統括部 担当:志良堂 電話:098-860-3752