News&Topics

生産性向上等を目的としたロボティック・プロセス・オートメーション(RPA)の導入について

2017/11/13

株 式 会 社 琉 球 銀 行

 

 琉球銀行(頭取 川上 康)は、生産性向上と人的ミス削減による業務品質向上を目的として、株式会社アイティフォー(代表取締役社長 東川清)が提供するRPAシステム「ナイス・リアルタイムソリューション(NICE RTS)」を導入いたします。
 本システムは業務を自動処理するロボット(以下、RPA※注1)と複数システムの画面を統合して表示しながら操作を行えるユニファイド・デスクトップ(※注2)により、「複数システムの併用操作を自動化」「複数システムのデータを画面にまとめてシンプルに表示」等を実現します。これにより作業時間の短縮や入力負担の軽減が図れ、お客様サービス向上と事務ミス削減によるコンプライアンス向上が期待できます。
 ローン業務を行っているダイレクト・バンキング・センターに先行導入し、効果検証を行いながら適用範囲を他業務にも拡大し、抜本的な業務効率化に努めてまいります。

 琉球銀行はこれからも魅力ある商品・サービスの提供に努めてまいります。

1.導入システム  ナイス・リアルタイムソリューション(NICE RTS)

2.導入時期    平成29年11月中

※注1:RPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)
 RPAとは、人が手作業で行うパソコンでの操作をソフトウェアで自動化すること。自動化された作業をロボと呼び、
 「働き方改革」の実現に役立つとして、多くの企業で注目されています。

※注2:ユニファイド・デスクトップ
 複数のシステムから操作画面などを集めてきて、ひとつの画面へ並べたり、必要な順番に表示したりする手法です。

以上

(お問い合わせ)営業統括部 担当:志良堂 電話:098-860-3330