外貨預金

外貨預金の特徴 口座開設時の本人確認書類は こちら から

外貨預金とは 株式会社琉球銀行 登録金融機関 沖縄総合事務局長(登金)第2号

  • 金融商品取引法が準用される特定預金等です。
  • 外貨預金は日本円を米ドルに交換するなどして、外貨でお預け入れいただく預金です。お利息も外貨でお付けします。
  • ニュースや新聞等で報道される為替相場の動向に注意し、為替相場が円高のときに預け、円安のときに払い出すのがポイントです。
  • 外貨預金のお取引に使われる為替相場は、つぎの2種類です。
    • TTS:お預け時(円から外貨に交換するときの相場です)
    • TTB:お引出し時またはご解約時(外貨から円に交換するときの相場です)

外貨預金に関するご注意

  • 為替変動リスク
    外貨預金は為替相場の変動により「金利+為替差益」で高い利回りを期待できる一方、相場が不利に動いた場合は、「為替差損」が生じ、払い出し時の円貨額がお預け入れ時の円貨額を下回ることがあります。また、預入時はTTS、払出時にはTTBを適用するため相場の変動がない場合でも、払い出し時の円貨額がお預け入れ時の円貨額を下回る場合もあります。
  • 外貨預金は預金保険の対象ではありません。
  • 「本人確認法」により、口座を開設されるお客さまの本人確認が必要となります。
  • 課税
    お利息
    「利子所得」として20.315%(平成25年1月1日より平成49年12月31日までの25年間)の源泉分離課税。(マル優の摘要は受けられません)
    為替差益
    「雑所得」として確定申告による総合課税。ただし、年収2,000万円以下の給与所得者で差益を含め給与以外の所得が年間20万円以下であれば申告は不要です。
    為替差損
    黒字の雑所得から控除できます。
  • 手数料
    ドル現金でのお預け入れおよびお引出しの際には、1米ドルにつき2円(最低手数料500円)をいただきます。

外貨預金商品

種類 外貨普通預金 外貨定期預金 短期据置型外貨預金
概要 お好きな時に出し入れできます。 ご希望の預入期間に合わせて100米ドル、100豪ドルおよび100ユーロからご利用いただけます。 据置期間経過後はいつでも解約可能で、しかも為替相場の優遇が受けられます。
預入通貨 米ドル、豪ドル、ユーロ 米ドル、豪ドル、ユーロ 米ドル、豪ドル、ユーロ
お預入金額 1通貨単位以上 100通貨単位以上 1,000通貨単位以上
お預入期間 自由に出し入れ可能 1カ月・3カ月・6カ月および期日指定 据置期間:預入日より7日間
約定期間:預入日より1年
利率 当行所定の利率 店頭表示利率
(満期日までの固定金利)
店頭表示利率
(約定適用期日までの固定金利)
利付単位 1通貨単位 1通貨単位 1通貨単位
適用為替相場

・米ドルの場合
 購入時:TTS
 払出時:TTB

・ユーロの場合
 購入時:TTS
 払出時:TTB

・豪ドルの場合
 購入時:TTS-1.0円
 払出時:TTB+1.0円

・米ドルの場合
 購入時:TTS
 払出時:TTB

・ユーロの場合
 購入時:TTS
 払出時:TTB

・豪ドルの場合
 購入時:TTS-1.0円
 払出時:TTB+1.0円

・米ドルの場合
 購入時:TTS-0.5円
 払出時:TTB+0.5円

・ユーロの場合
 購入時:TTS-0.5円
 払出時:TTB+0.5円

・豪ドルの場合
 購入時:TTS-1.0円
 払出時:TTB+1.0円

金利について

→詳しい説明へ

市場金利の動向により、当初所定の利率を適用いたします。

税金について

  1. お利息は「利子所得」として源泉分離課税20.315%(平成25年1月1日より平成49年12月31日までの25年間)が課税されます。マル優の適用は受けられません。為替差益が生じた場合は、雑所得として確定申告が必要となります。
  2. ただし、年収2,000万円以下の給与所得の方で、為替差益を含めた給与以外の所得が年間20万円以下であれば確定申告が不要です。また、為替差損が生じた場合は、黒字の雑所得から控除できます。