{{financeCode}}
{{swiftCode}}

口座情報連携サービス規定

りゅうぎんID

口座情報連携サービスとは

  • 口座情報連携サービスとは、お客さまが外部の連携先企業のサービスをご利用される場合に、お客さまの口座情報を安全に連携先企業に連携するためのサービスです。
  • 当行から連携先企業に口座情報を連携することにご同意いただければ、お客さまのパスワード等を連携先企業に登録することなく、連携先企業のサービスを一定期間ご利用いただけます。
  • 口座情報連携サービスのご利用には、りゅうぎんIDのユーザー登録が必要です。

サービスの仕組み

りゅうぎんIDの仕組み

Zaim

オンライン個人向け家計簿サービスです。金融機関口座やクレジットカードの明細管理のほか、レシートをスマートフォンのカメラで撮影して品目や金額を読み取る機能など、便利に家計を管理できます。
登録可能口座は普通預金のみです。

MoneyForward

ご利用の銀行口座やクレジットカードを登録すると、家計簿の自動作成や複数口座をまとめた資産管理が便利にできる「マネーフォワードME」シリーズ、「マネーフォワードクラウド」シリーズが利用可能です。
なお、投資信託や住宅ローンにつきましては、これまで通りインターネットバンキングの諸契約番号とログオンパスワード、ワンタイムパスワード等を用いて連携することで残高を閲覧可能です。
詳細は よくあるご質問   をご参照下さい。

free

銀行口座やクレジットカードの利用明細を自動取得し、AIが仕訳を学習。手入力不要で、経理を自動化します。
日々の経理や決算書作成、確定申告までまとめて効率化します。

弥生

ご利用の銀行口座やクレジットカードを連携すると、日常のさまざまな「取引データ」を「会計データ」に変換し、弥生シリーズに自動で取り込みます。

ソリマチ

金融機関の取引明細を自動で取り込むことにより、入力なしで銀行残高やキャッシュの流れを日々確認できるスマホアプリです。

MJS

ご利用の銀行口座情報とMJSの会計サービスを連携させることで、自動で明細の仕分けデータ化が可能となり、経理業務を効率化できます。「Account Tracker Plus」と「Account Tracker Plus」を通じて提携される以下のサービス

・かんたんクラウド会計 
・ACELINKシリーズ
・MJSかんたん!シリーズ
・MJSLINKシリーズ
・iCompassNXシリーズ
・Galileoptシリーズ
・NX記帳くん
・MJSお金の管理

 

連携する口座情報

連携先企業に連携する口座情報は以下のとおりです。

対象口座 りゅうぎんIDの代表口座および、
サービス利用口座のうちお客さまが連携を許可した口座
口座情報 対象口座の残高、入出金明細

ご利用時間

平日 7:00~26:00
休日 8:00~21:00
(休日とは、土日祝祭日等の銀行休業日となります)

※毎週日曜日21:00~月曜日7:00までの間はシステムメンテナンスのためご利用いただけません。

 

ご利用方法

ご利用の流れは以下のとおりです。

  1. 外部の連携先企業のサービス画面より、りゅうぎんIDにログインします。
    ・りゅうぎんIDをお持ちでないお客さまは、りゅうぎんIDのユーザー登録を先に行ってください
    ・りゅうぎんIDの詳細はこちら  をご覧ください
  2. 画面上に表示される注意事項や規定に同意していただくと口座情報の連携が完了し、連携先企業のサービス画面に戻ります。
  3. お客さまが連携先を確認したい場合は、りゅうぎんIDにログインし「ユーザー情報の照会・変更」→「連携サービスの確認・停止」よりご照会いただけます。

お客さまが連携している口座を確認したい場合は、りゅうぎんIDにログインし「サービス利用口座の確認・変更」→「外部連携口座の確認・変更」よりご照会いただけます。

 

口座情報連携サービスに関する注意事項

  • 口座情報連携サービスのご利用には、りゅうぎんID  のユーザー登録が必要です。
  • 口座情報連携サービス規定  に同意のうえ、ご利用をお申込みいただいたお客さまについて、当行が保有する情報のうち、上記「連携する口座情報」を連携先企業に連携します。連携先企業は、お客さまにサービスを提供する目的で利用します。
  • 連携先企業は、上記「連携する口座情報」以外にはアクセスできません。
  • 口座情報連携サービスの同意に関する有効期限は、連携先企業により異なります。有効期限を過ぎた場合は、再度、口座情報連携サービスの画面でお申込みが必要です。
  • 連携先企業のサービスへの口座情報連携を停止する場合は、りゅうぎんIDのサービスメニュー「ユーザー情報の照会・変更」→「連携サービスの確認・停止」より停止することができます。なお、連携先企業のサービスの停止や退会はお客さまより各連携先企業に対して手続きを行っていただく必要がございます。
  • 当行が連携したお客さまの口座情報の取扱い、連携先企業の行為、連携先企業のサービスにおける一切の事項は、連携先企業が責任を負っており、当行は一切責任を負いません。