{{financeCode}}
{{swiftCode}}

健康経営

健康経営宣言

 健康による職員の活力向上は、組織の活性化、生産性向上など、将来的に企業の収益性を高める上で重要です。琉球銀行はこれまでも、職員の健康保持・増進に取り組んでまいりましたが、衛生管理や福利厚生向上にとどまらず、経営的視点を持った「健康経営」として、職員の健康に関する取り組みのさらなる発展を図り、琉球銀行の経営理念である「地域から親しまれ、信頼され、地域社会の発展に寄与する銀行」の実現に努めてまいります。

健康経営 琉球銀行の経営理念である「地域から親しまれ、信頼され、地域社会の発展に寄与する銀行」を実現する為には、職員が心身ともに健康で、高い意欲を持ち、業務を実行することが必要です。職員の健康を重要な経営資源の一つと捉え、これからも組織として職員の健康管理・健康保持に積極的に取り組んでまいります。
 企業からだけではなく、職員からの積極的な取り組みがなければ健康経営の実現は困難です。健康は仕事をするための土台です。職員自らが健康管理や健康保持に責任を持ち、主体的に取り組めるよう、「セルフ・ヘルスケア」を積極的にサポートいたします。

健康経営の取組

《セルフヘルスケア体制の構築》
 組織的な健康管理体制の充実と共に、従業員が自ら健康保持・増進を行えるよう、健保組合と連携し支援体制を強化します。

健康経営

健康経営推進体制

健康経営責任者を頭取とした以下の体制により推進します。
施策の実行は各部課店の保健委員・衛生推進者や労働組合等と連携します。

健康経営推進組織体制