{{financeCode}}
{{swiftCode}}

ディスクロージャー・ポリシー

  1. 基本的な考え方
     当行は、「地域から親しまれ、信頼され、地域社会の発展に寄与する銀行」を経営理念としております。この経営理念の実現に向けて、株主をはじめお客様・従業員・地域社会等のステークホルダーの皆さまに、適時・適切に情報を開示し信頼を高め、持続的な成長と企業価値の向上を図ることを目指しています。
     このような基本的な考え方に基づき、適時・適切な情報開示を行う体制を確保するため、本ディスクロージャー・ポリシーを制定いたします。
  2. 情報開示の対象
     当行は、会社法、銀行法、金融商品取引法その他関係法令および東京証券取引所が定める規則等を遵守し、適時・適切に情報開示を行います。
     また、これら法令及び規則による情報開示にとどまらず、当行に対する理解を深めていただくことに資すると考えられる情報を積極的に開示するよう努めます。
  3. 情報開示の方法
     当行は、有価証券上場規程に定められた開示方法によるほか、当行ホームページの活用などにより、公正・公平な情報開示に努めます。
  4. 社内体制の整備
     当行は、本ディスクロージャー・ポリシーに則った情報開示を適切に行うため、社内体制の整備・充実に努めます。
  5. 将来予測に関する事項について
     開示情報には、当行その他グループ各社の財政状態および業績に関する将来予測の記述が含まれる場合があります。これらの将来予測の記述は、将来の業績を記述どおりに達成することを保証するものではなく、一定のリスクや不確実性などが含まれております。そのため、実際の業績等は、今後の事業運営や経済情勢等の変化により、開示情報に含まれる将来予測と異なる可能性があります。

以上