{{financeCode}}
{{swiftCode}}

台湾「悠遊カード」との提携について

2020/02/17

株 式 会 社 琉 球 銀 行

 

 琉球銀行(頭取 川上 康)は、台湾の悠遊卡股份有限公司(EASYCARD CORPORATION)(董事長兼総経理 陳 亭如)と提携し、台湾政府当局の認可後、2020年7月を目処に国内初となる「悠遊カード」の加盟店業務を開始することをお知らせいたします。
 「悠遊カード(英語表記:EasyCard)」は、隣国台湾で最も浸透している電子マネーですが、未だ海外展開を行っておらず、台湾国内でしか利用できなかったことから、このたび、琉球銀行が初めて「悠遊カード」を誘致し、日本国内での展開を支援させていただくこととなりました。
 具体的には、琉球銀行が同ブランド取り扱いに係るプラットフォームを構築し、これを他のカード事業者や金融機関へ展開することで、日本国内(特に台湾人観光客が多い地域)での加盟店拡大を図ってまいります。
 観光庁の公表によると、2018年の訪日台湾人観光客数は4,808千人(年度)、沖縄は917千人(年度)となっており、インバウンド入域客数の多くを占めています。今回の提携により、台湾から訪日されるお客様の利便性は大きく向上するものと思われます。
 琉球銀行はこれからも地域観光産業への貢献とキャッシュレス化による利便性の向上を積極的に進めてまいります。

【悠遊カードとは】

 台湾の交通系非接触型ICカードで、地下鉄、バス等での利用の他、コンビニや飲食店等広く商業利用も進んでいる同国内随一の電子マネーです。全国民数の3倍を超える発行実績、7割強(71.4%)の取り扱いシェアがあり、圧倒的な浸透度があります。
■台湾表記:悠遊卡(発音:ヨーヨーカー 英語表記:Easy Card)
■運営母体:悠遊卡股份有限公司(EASYCARD CORPORATION)
■流通枚数:7,890万枚(2019年10月時点)
■取扱金額:10,862百万NT$( 同上 )

以上

(お問い合わせ)ペイメント事業部 担当:糸数 電話:098-860-3752