{{financeCode}}
{{swiftCode}}

お客様本位の業務運営に関する取組方針

当行は、「地域から親しまれ、信頼され、地域社会の発展に寄与する銀行」という経営理念に基づき、全役職員が真にお客様にとって必要とされる商品、サービスの提供に努め、以下の方針に沿って業務を運営してまいります。

1.お客様の最善の利益の追求

(1) 当行は、職業倫理と高度の専門性を身につけるよう努めるとともに、お客様のニーズに合った商品やサービスを提供し、お客様の最善の利益を追求します。

<具体的な取り組み>
①「お客様本位の業務運営」の基盤となる当行役職員の職業倫理の醸成・保持を徹底し、お客様本位の視点によってのみ商品やサービスを提供いたします。
②投資性商品に関する専門性を高めるための知識・スキル研修に取り組みます。

2.利益相反の適切な管理

(1) 当行は、お客様の最善の利益を追求するため利益相反の適切な管理を行います。

<具体的な取り組み>
① 当行の定める「利益相反管理方針」に従って適切な管理を行っております。
② お客様にご提案する投資性商品については、当行の関連企業等からの提供を受けることはなく、特定の商品提案に偏らないラインナップとしております。

3. 手数料等の明確化

(1) 当行は、お客様の投資判断に資するよう、商品毎の手数料等を明確化し丁寧にご説明します。

<具体的な取り組み>
① 特定保険商品販売時の手数料については平成28年10月より開示を行っております。

4. 重要な情報の分かりやすい提供

(1) 当行は、投資性商品のご提案にあたってお客様に分かりやすい情報提供に努めます。
(2) お申込みをいただく商品の重要事項については、特にお客様のご理解の促進と確認に努めます。
(3) 商品をご購入いただいた後もお客様の投資判断に必要な情報をご提供する等、タイムリーかつ丁寧なアフターフォローを行います。

<具体的な取り組み>
① 投資信託のご説明、ご提案にあたっては、既製の販売用資料のみならず独自の情報提供アプリ「投資信託INDEX」を活用し、シミュレーションや図表等を用いて分かりやすい情報提供、ご説明に努めております。
② 商品のお申込みを頂く際には、テレビ電話システムSkypeを活用して本部専門部署がお申込み商品の重要事項に関するお客様のご理解の促進と確認を行っております。
③ 投資性商品アフターフォロー方針を定め実践するとともに、セミナー等を通じて適時適切な情報提供を行っております。

5. お客様にふさわしいサービスの提供

(1) 当行は、投資性商品のご提案にあたって、お客様の知識、経験、財産の状況、投資の目的に照らしてお客様にふさわしい商品のご提案に努めます。
(2) お客様の投資目的やリスク許容度等に応じて適切な商品を選択頂けるよう、幅広くかつ高品質な商品ラインナップを充実して参ります。

<具体的な取り組み>
① 投資性商品のご提案にあたっては、お客様のご意向を聞き取り、把握した上でお客様のご意向やお客様の属性等にふさわしい商品を選定してご提案しております。
② 特にご高齢のお客様には商品性やリスク等を十分にご理解頂くためにより丁寧で分かりやすい説明を行う他、ご家族も含め十分にご理解ご納得いただけるよう努めております。
③ リスクを抑えた商品や手数料の低い商品等も取り揃え、多くのお客様に利用いただきやすい商品ラインナップを提供して参ります。

6. 従業員に対する適切な動機づけの枠組み等

(1) 当行は、従業員がお客様の利益、ニーズに基づく活動を行うよう適切な業績評価を行います。
(2) 業務改善や従業員教育にお客様の声を反映させ、お客様本位の活動の維持向上に努めます。

<具体的な取り組み>
① 投資性商品の提案活動評価において、特定の商品に偏らない業績評価体系を導入しております。
② 外部資格の取得を奨励するとともに、経験・階層に応じた様々な研修を実施し、商品や投資環境に関する知識・スキルの強化を図っております。
③ お客様の声を従業員研修に反映させ、お客様本位の営業に努めております。

株式会社 琉球銀行

お客様本位の業務運営に関する主な取組状況

「お客様本位の業務運営に関する取組方針」に基づく、現状の主な取組状況は次のとおりとなります。

1.商品ラインアップの充実

○ お客様の投資目的やリスク許容度等に応じて適切な商品を選択いただけるよう、リスクを抑えた商品や手数料の低い商品等も取り揃え、幅広くかつ高品質な商品ラインアップの充実を図っております。

【投資信託ラインアップ(30年3月末)】
 

【生命保険ラインアップ(30年3月末)】
 

※特定保険商品販売時の手数料については平成28年10月より開示を行っております。

保険商品の一覧はこちら

投資信託商品の一覧はこちら

2.お客様にご理解・ご納得いただくための分かりやすい情報の提供

○ 投資信託のご説明、ご提案にあたっては、既製の販売用資料のみならず独自の情報提供アプリ「投資信託 INDEX」を活用し、シミュレーションや図表等を用いて分かりやすい情報提供、ご説明に努めております。
○ 投資性商品アフターフォロー方針を定め実践するとともに、お客様の資産形成に役立つ金融や投資に関するセミナー等を随時開催し、適切な情報提供を行っております。
○ 商品のお申込みを頂く際には、テレビ電話システムSkypeを活用して本部専門部署がお申込み商品の重要事項に関するお客様のご理解の促進と確認を行っております。
○ 特にご高齢のお客様には商品性やリスク等を十分にご理解いただくために、より丁寧で分かりやすい説明を行うほか、ご家族も含め十分にご理解ご納得いただけるよう努めております。

【お客様向けセミナー回数(預かり資産関連)】
  平成29年度開催実績および参加人数:746回(6,758名)

【Skypeを活用した投資性商品重要事項の本部専門部署確認実施率】
 平成30年3月末時点:87.8%(29年度下期累計)
(※)お客様に投資性商品のお申込みをいただく際に、本部専門部署が当該商品の重要事項に関してお客様のご理解の促進と
    確認を目的に平成28年10月より実施しております。

3.当行におけるお客様の資産形成ご支援実績

○ 投資性商品のご提案にあたっては、お客様のご意向を聞き取り、把握した上でお客様のご意向やお客様の属性等にふさわしい商品を選定してご提案しております。
○ お客様の安定的な資産形成や資産運用に資する取り組みとして、積立投資信託や平準払い保険など、お客様のニーズに適した商品のご提案に努めております。

【預かり資産残高推移】

【投資信託販売額の分配頻度別割合(積立投資信託を除く)】【積立投資信託販売額と伸び率(26年度を100とした場合の伸び率)】【積立投資信託販売額の分配頻度別割合】

【平準払い保険の契約件数と伸び率(26年度を100とした場合の伸び率)】

○ 当行は、幅広い層のお客様の安定的な資産形成のご支援に努めており、投資信託および生命保険の年代別保有者割合は下記の通りとなります。

【投資信託年代別保有者数割合】【生命保険年代別保有者数割合】

4.行員に対する適切な動機づけの枠組みや行員スキルの向上に向けた取組実施状況

○ 当行は預かり資産商品の販売につき、特定の商品に偏ることなくお客様ニーズに基づいた提案、販売を徹底しており、獲得手数料を行員の評価項目とはしておりません。
○ 外部資格の取得を奨励するとともに、経験・階層に応じた様々な研修を実施し、投資性商品や投資環境に関する専門性を高めるための知識・スキルの強化を図っております。

【FP関連資格保有者数】
  ※FP関連資格:FP(1級、2級)、CFP、AFP

【預かり資産スキルアッププログラムの履修率】

※お客様への投資性商品提案スキル向上を目的として平成28年6月よりスタートした、テレビ電話システムSkypeを活用した研修プログラムです。営業店窓口・営業行員一人当たり約60項目の研修を実施しております。

【マーケット情報の配信】

日米の株式市況・外国為替市況を中心に、マーケットを動かす時々のトピックスの解説も交え、マーケット情報を全営業店の営業・受信担当者へ毎朝配信しております。