{{financeCode}}
{{swiftCode}}

海外送金

海外関連サービス

琉球銀行では、一部の店舗にて外国向送金を受付けております。
お取引を希望される店舗にお電話での来店予約をお願いいたします。取扱店舗は こちら
※一部店舗はWEB来店予約 WEB予約はこちら

また、当行のお取引口座で海外からの送金をお受取りいただけます。

海外から送金を受取りたい場合はこちら

海外送金について
(電信口座振込送金)

ご利用のお客様へ

 平成30年9月3日より、海外送金受付時に「送金原資、送金目的の確認資料提示」をお願いしております。
また同日より、現金による海外送金の取り扱いを終了いたしました。
 詳細につきましてはこちらをご覧ください。

<外為WEB・インターネットバンキングをご利用のお客さまへ>
 2019年11月末をもちまして「外為WEB」および「インターネットバンキング海外送金サービス」は終了いたしました。長い間ご利用いただき、誠にありがとうございました。
 本サービスに代わり、「新りゅうぎん法人版外為WEB」および「【個人版】りゅうぎん外為WEB」において当行ホームページからの海外送金お申込みが可能となります。
 なお、ご利用に際しましては、営業店窓口においてユーザー登録のお申込みが必要になります。お手数ですが、営業店窓口でのお手続きをお願いいたします。

りゅうぎん法人版外為WEB、【個人版】りゅうぎん外為WEBに関する
お問い合わせは証券国際部にご連絡ください。
TEL 0120-91-1366

りゅうぎん法人版外為WEB

【個人版】りゅうぎん外為WEB

窓口でのお取扱について
※お電話での来店予約が必要です
※安謝支店・商業団地支店は、店内専用ブースでオンラインによる本部スタッフ対応。

「安謝支店・商業団地支店」の来店予約はこちらから 

 

取扱時間 取扱時間(月曜日~金曜日)
AM10:00 ~ PM3:00(銀行営業日)

※米ドルは10:00過ぎ頃、日本円除くその他通貨は11:00過ぎ頃よりお取扱いたします。

※お受付の翌営業日(特殊通貨は翌々営業日)に海外銀行へ電文発信いたします。

取扱店舗
一覧
本店営業部  牧港支店・浦添支店  安謝支店・商業団地支店※注1
名護支店  コザ支店  普天間支店  北谷支店  与那原支店
宮古支店  八重山支店
※お取引を希望される店舗にお電話での来店予約をお願いいたします。
※注1.安謝支店・商業団地支店は、店内専用ブースでオンラインによる本部スタッフ対応。
電信送金
取扱通貨

日本円、米ドル、カナダドル
英ポンド、ユーロ、スイスフラン
オーストラリアドル、ニュージーランドドル
スウェーデンクローネ*、デンマーククローネ*、ノルウェークローネ*
香港ドル、中国元*、韓国ウォン*、台湾ドル*
シンガポールドル*、タイバーツ*
(上記通貨のうち*表示にある通貨はお受付の翌営業日または翌々営業日の相場を使用します)

※現在、中国元、韓国ウォン、台湾ドルによる送金は法人のお客様に限るほか各種制限があります。

適用相場 お取引当日の電信売相場(TTS)    為替相場情報

※相場急変などにより公示停止・再公示する場合があります。

※特殊通貨は適用が異なります。

手数料

■ 海外向

項目 円口座から
円建で
送金する場合
外貨口座から
外貨建で
送金する場合
円口座から
外貨建で
送金する場合
仕向送金手数料 8,500円 8,500円 8,500円
  コルレス手数料(※①)   3,000円(※③) 3,000円(※③) 3,000円(※③)
リフティング
チャージ(※②)
0.05%
最低2,500円
0.05%
最低2,500円

 

■ 国内向

項目  円口座から
円建で
送金する場合
外貨口座から
外貨建で
送金する場合
円口座から
外貨建で
送金する場合
仕向送金
手数料
当行内
同一名義
当行内
他人宛
1,000円 1,000円 1,000円
他行宛 4,000円 4,000円 4,000円
コルレス手数料(※①) 2,000円(※③) 2,000円(※③) 2,000円(※③)
リフティング
チャージ(※②)
1,000円 1,000円

※①「手数料負担区分=依頼人負担」の場合に、経由銀行および支払銀行(コルレス)より請求される手数料支払いにかかるお客様ご負担分の手数料です。
※②エクスチェンジが伴わなかった場合にかかる手数料です。
※③経由銀行および支払銀行から10,000円相当額を超える請求があった場合には後日その差額分をご請求させていただきます。
※自動依頼書作成サービスご利用のお客様には500円の割引がございます。
※取組み後、組戻し(キャンセル)や内容に関する照会等ありましたら、当行所定の手数料を別途いただきます。
上記の他に別途手数料がかかる場合がございます。詳しくはお取引店までお問い合わせください。

法令関係
  • ご依頼人さまのご本人確認のため公的書類のご提示をお願いいたします。
  • 平成28年(2016年)1月以降マイナンバー制度の開始に伴い、マイナンバーの提示が必要になりました。
    ①平成27年(2015年)12月31日以前に口座開設し、かつ本人確認済のお客様
     海外送金のお取引は可能ですが、平成34年(2022年)1月以降はマイナンバーのご提示がない場合、海外送金ができなくなりますので、早めのご提示をお願い致します。
    (マイナンバーに関する経過措置期間は、平成30年(2018年)12月末からさらに3年間延長されました)
    ②平成28年(2016年)1月4日以降に当行で初めて口座開設されたお客様
     マイナンバーのご提示がない場合、海外送金受付ができません。ご注意ください。
  • 仕向国によっては送金受付のための条件がございます。窓口にてご確認をお願いいたします。
  • 経済制裁対象国とのお取引等の場合、適法性を確認のうえでお取扱いたしますのでご理解をお願いいたします。
  • 送金目的が貿易外で3,000万円相当額を超える金額のご送金について、財務大臣宛の報告書のご提出が必要となります。
    詳しくは 日本銀行のホームページ をご確認ください。
  • 税法上、100万円相当額を超える金額のご送金について、取引内容を記載した調書を国税宛提出いたします。

送金の流れ

  1. 窓口で送金依頼書に記入します。 
    適用相場は当日の電信売相場(TTS)となります*。
  2. 翌営業日*、りゅうぎんから中継銀行を経て海外銀行へ送金電文により送金いたします。
  3. 海外の銀行にて受取人の口座へ入金手続きされます。
    →海外の銀行によって入金処理に時間差があります。

*通貨によって取扱いが異なる場合があります。

(ご準備いただく情報) 
支払銀行名・支店名・住所・国名・スイフトコード(SWIFT CODE) 
受取人名・住所・国名・受取人口座番号・IBANなど 
送金目的・商品名・原産地・船積地・仕向地 など

(ご注意) 
海外への送金資金の到達日数については、確定した日数を申上げることができません。 
外国銀行等の諸手続きや海外商習慣が異なるためですので、ご理解をお願いいたします。

自動送金依頼書作成サービス

同一受取人へ1年間に2回以上の電信送金が見込まれるお客様へは、内容を印字しました依頼書を作成いたします。送金依頼の際に登録していただきますと、次回の送金お取組み以降にご使用いただけて便利です。詳しくは窓口へお問合せください。

送金小切手