{{financeCode}}
{{swiftCode}}

地銀協ライフサポート団信制度

「万が一への備え」に、「ケガや病気への備え」を加えて、お客様に住宅ローンご返済の安心をお届けします。

「もしも」の時も安心!充実保障であなたのいきいきライフをサポート

  • ご利用いただける方:借入時の年齢が満20歳以上50歳以下の方。
  • 金利は住宅ローン金利+0.2%です。
  • 告知の内容により、保険会社が加入をお断りする場合があります。
  • お申し込み金額は最高1億円までとなり、3,000万円を超える場合は、保険会社所定の診断書等の提出が必要になります。

保障の概要

死亡・高度障害

死亡または高度障害状態に該当したら、住宅ローンの残高が ゼロ になります。

  • 死亡:死亡されたとき
  • 高度障害:保障開始日以後の傷害または疾病により、所定の高度障害状態になられたとき(※1)

3大疾病

がん診断確定されたら、住宅ローンの残高が ゼロ になります。

  • がん:所定の悪性新生物に罹患したと医師によって病理組織学的所見(生検)により診断確定されたとき(※2)

脳卒中・急性心筋こうそくで所定の状態が60日以上継続したら、住宅ローンの残高が ゼロ になります。

  • 脳卒中:保障開始日以後の疾病を原因として、所定の脳卒中を発病し、その脳卒中により初めて医師の診療を受けた日からその日を含めて60日以上、所定の状態が継続したと医師によって診断されたとき
  • 急性心筋こうそく:保障開始日以後の疾病を原因として、所定の急性心筋こうそくを発病し、その急性心筋こうそくにより初めて医師の診療を受けた日からその日を含めて60日以上、所定の状態が継続したと医師によって診断されたとき(※3)

その他のケガや病気

保障開始日以後の傷害または疾病により「所定の就業不能状態」となり、その状態が3ヵ月を超えて継続したとき(※4)
→就業不能状態の継続期間4〜12ヶ月:毎月の返済額を保障

さらに、就業不能状態12ヶ月を超えたら住宅ローンの残高が ゼロ になります。

※1「所定の高度障害状態」とは、次のいずれかの状態のことをいいます。①両眼の視力を全く永久に失ったもの、②言語またはそしゃくの機能を全く永久に失ったもの、③中枢神経系または精神に著しい障害を残し、終身常に介護を要するもの、④胸腹部臓器に著しい障害を残し、終身常に介護を要するもの、 ⑤両上肢とも、手関節以上で失ったかまたはその用を全く永久に失ったもの、⑥両下肢とも、足関節以上で失ったかまたはその用を全く永久に失ったもの、 ⑦1上肢を手関節以上で失い、かつ、1下肢を足関節以上で失ったかまたはその用を全く永久に失ったもの、⑧1上肢の用を全く永久に失い、かつ、1下肢を足関節以上で失ったもの

※2「所定の悪性新生物」および「診断確定」につきましては、別資料「団体信用就業不能保障保険および3大疾病保障特約付団体信用生命保険 重要事項に関するご説明」の『契約概要 3.保険金等の支払いについて』および『3大疾病保険金のお支払対象となる悪性新生物・急性心筋こうそく・脳卒中』をご参照ください。なお、所定の悪性新 生物には、上皮内がん、皮膚の悪性黒色腫以外の皮膚がんは含まれません。

※3 「所定の脳卒中」、「所定の急性心筋こうそく」、および、それらを原因とする「所定の状態」につきましては、別資料「団体信用就業不能保障保険および3大 疾病保障特約付団体信用生命保険 重要事項に関するご説明」の『契約概要 3.保険金等の支払いについて』および『3大疾病保険金のお支払対象となる悪性新生物・急性心筋こうそく・脳卒中』をご参照ください。

※4 「所定の就業不能状態」の詳細につきましては、別資料「団体信用就業不能保障保険および3大疾病保障特約付団体信用生命保険 重要事項に関するご説明」の『契約概要 3.保険金等の支払いについて』および『長期就業不能保険金および就業不能給付金のお支払対象とならない精神障害、薬物依存』 をご参照ください。

ローンのご相談はこちらから

地銀協団信制度 説明動画のご紹介