{{financeCode}}
{{swiftCode}}

第14回(平成17年度)

紅型デザインコンテスト

りゅうぎん紅型デザイン公募展

沖縄県の伝統工芸の一つである紅型の振興と若手工芸家の育成ならびに紅型デザインの新しい領域を追求していくことを目的に、「りゅうぎん紅型デザインコンテスト」を毎年開催しています。応募作品は展示会で発表するとともに、入賞作品については当行のカレンダーや通帳、広報物などに広く活用しています。

※りゅうぎん紅型デザイン公募展は、第17回(平成20年)より、りゅうぎん紅型デザインコンテストに名称を変更しています。

※画像をクリックすると拡大表示します。

大賞 技術賞
花風モウレ 水のスピリット
「花風モウレ」
請盛 貴子
「水のスピリット」
当真 順子
デザイン賞 奨励賞
ももたまな(クワディーサー) 海人とキジムナーの友情
「ももたまな(クワディーサー)」
箕浦 悦子
「海人とキジムナーの友情」
坂本 友紀
奨励賞  
海は万華鏡  
「海は万華鏡」
真取 明子
 

 

審査講評

大賞「花風モウレ」

さわやかな風を、心が踊るような花にたとえている。花風は燦然ときらびやかに表現してある。
全体の色感は柔らかい中間色であり、風車に似た草花、ハーリー舟、サンゴ、波、一番星などを織り交ぜて、風の舞う風情が躍動感にみちている。

審査講評 星 雅彦
(美術評論家)

技術賞「水のスピリット」

水の様相を三重の層に設定して、黄色い砂地に水字貝を配置し、縦軸にアヤメ、アイリス、ユリなどの花束で連携させて、色の変化によるパターン模様のなかに、水のもつ精神性を和ませている。
全体的に洗練された技術を示す。

審査講評 星 雅彦
(美術評論家)

デザイン賞「ももたまな(クワディーサー)」

画面の上下と、左右を斜線や垂直線で区切って、上部の左はクワディーサーの青い葉を繁茂させ、右には紅葉を描き、季節感を表現。
また、下部の左は月夜の下で歌三線の踊り、右の昼の風景には小鳥とさんご礁の海がひらけている。
思い切りの良いデザイン、南島の楽園を醸し出す。

審査講評 星 雅彦
(美術評論家)

奨励賞「海人とキジムナーの友情」

海の上のガジュマルの老木、枝葉には多様な花々、漁師やキジムナーや飛び魚などシュール的な表現で、自然賛歌が明瞭である。

審査講評 星 雅彦
(美術評論家)

奨励賞「海は万華鏡」

紅型にしては型破りな抽象画風であり、渾然とした複雑な意匠。
魚貝類を円筒の中のガラス板に乱反射させた多彩な模様。伝統打破を試みた実験的な作品である。

審査講評 星 雅彦
(美術評論家)